新卒/既卒・新しい仲間を求めています < マイナビ2022まもなく > クリック!

北相木名物・「大禅の滝」の氷柱

群馬県上野村との境に位置する南佐久郡北相木村。今回訪れた「大禅(たいぜん)の滝」「小禅(こぜん)の滝」「浅間(せんげ)の滝」からなる三滝は、村の史跡名勝ともなっており、冬季には圧巻の姿を見せてくれます。高さ30mの「大禅の滝」が凍結してマツカサ状の大氷柱となるからです。

道順はわかりやすく、小海方向からは県道124号線をしばらく走り、北相木小学校の4キロほど先を左折します。

この先は道幅が狭くなりますのでご注意ください。
道中に、佐久の名山・御座山(おぐらやま)の雄姿も
20分ほど走ると駐車場に到着します

駐車場からは徒歩で滝に向かいますが、積雪のない天気でしたら登山装備は不要です。急坂となりますが大禅の滝へ至る登山道はきちんと整備されており、15分ほどで無理なくたどり着けます。小禅の滝へは勾配がキツくなりますので少し体力が必要かと。なお浅間の滝へ至るルートは閉ざされている模様で、今回は滝らしき姿を見つけることができませんでした。

A 浅間の滝はルート自体なくなっています
管理の行き届いた登山道
こちらが 小禅の滝 です
大禅の滝が近づいて来ました!川も結氷しています

見事な氷柱は一見の価値ありです
頭頂部に少しづつ雫が垂れてることで氷が積み重なるのですね!
真横から眺めた姿も圧巻です!

地元の人でも訪れる機会の少ない「大禅の滝」。2019年の台風19号で村道が被災し、今年2月からやっと駐車場まで通行可能となりましたので、このシーズンに訪れないのはもったいないほど。 アプローチも容易であり今後一層注目したいスポットです!